不動産の築年数の調べ方は?【西暦数え方・早見表】

不動産投資

不動産建物を買う場合、借りる場合に、築年数は重要な判断材料になります。

マイホームの購入を考える時だけではなく、これから物件の売却を考える際にも、正確な築年数を理解しておく必要があります。

今回は、築年数の調べ方について解説します。

不動産検索サイトの物件情報では、「2000年建築」、「平成20年築」、「築年数10年」のように表記が異なります。

物件を比較する際に、わかりづらいため、瞬時に様々な物件情報を比較できる「築年数の早見表」も作成しました!

早見表は下部に掲載しているので、ご活用いただけると幸いです。

スポンサーリンク

1.築年数とは?

築年数とは、建物完成後の経過年数のことです。

築年数はマイホームなど物件を購入を左右する重要な判断材料となります。

不動産広告や物件情報では、建築年月の記載は必須です。

では、築年数の具体的な計算方法はご存知でしょうか。

築年数は、建物が完成した日が来るたびに1年ずつ加算されていきます。

令和5年1月1日に建てられた建物は、令和6年1月1日を迎えると築年数1年になります。

保有中の建物の築年数を調べたいときは、登記簿謄本登記事項証明書で確認することができます。

表題部の登記原因及びその日付欄の新築年月日から築年数の計算ができます。

2.築年数を表す表記

品確法では、築年数ごとに物件の種類が決められています。

■新築物件
未入居の建物、かつ建築から1年以内のもの
※未入居、かつ、築年数が1年経過しなければ、「新築」と表現することはできません。
■築浅物件
建築から1年以上の未入居の建物
■築古物件
築年数が20年以上の建物

建物は年数が経過するにつれて、老朽化し、価値が下がります。

新築物件が好まれる日本では、特に築年数や耐用年数は厳しくチェックされます。

耐用年数は、不動産売却時の税金にもかかわるので、法定耐用年数を確認しておきましょう。

3.法定耐用年数と譲渡所得の関係

不動産の売却時には、譲渡所得という所得税がかかる可能性があります。

譲渡所得の計算方法は、

売却金額 – (購入時の費用や売却時の経費など)

で計算されます。

「購入時の費用」は、築年数など不動産価値に応じた減価償却費を差し引いた金額で計算します。

そこから控除額が差し引かれます。

計算の結果がプラスの場合、税金がかかります。

詳しくは国税庁サイトに掲載されています。

耐用年数や減価償却については以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考ください↓

初心者でもカンタン理解!不動産投資の減価償却をわかりやすく解説
不動産投資の節税を理解する上で必ずでてくる「減価償却」。 実は仕組みや減価償却費の計算方法はよくわかっていないという方も多くいるのではないでしょうか。 この記事では「減価償却」とは一体どういうものなのか? 仕組みから計算方法、注意点までわか...

4.築年数早見表

不動産を売却する際にも購入する際にも「築年数」は無視できない重要な要素です。

西暦、和暦表記に応じた築年数を調べる際は、是非下記の早見表をご利用下さい。

まとめ

今回は、不動産売買の際に重要な判断材料になる「築年数」についてまとめました。

築年数だけでなく、建物の種類に応じた耐用年数を確認しておくことも重要です。

不動産売却時の税金にも大きくかかわるので、登記事項証明書などで確認しておきましょう。

また、西暦や年号で建築年月日が記載されている場合は、築年数早見表を使って、築年数を調べてみてください。

最後まで、ご覧いただき、有難うございました!

不動産投資の裏ワザ!一般には出回らない物件情報を教えます♪

不動産投資が成功するか失敗するかは「物件情報」の入手&選定にかかっています。
高利回りの優良物件さえ見つかれば、成功に大きく近づくことができます。
では、そんなお宝情報はどこに眠っているのでしょうか?
結論から言えば、オイシイ物件情報(お宝情報)は、一般人にはまわってきません!
不動産会社が登録し、毎日チェックしている「レインズ」にも本当に得する有益な物件情報はほとんど出回らないそうです。
(出たら、早いもの勝ちです!毎日チェックしている全国の不動産会社さんの奪い合いです)
通常激安な売り急ぎ物件は、レインズに出る前に業者間で取引されてしまうのです。
特別高収益な物件を特別自分だけが購入できるという話はあまり現実的ではないですよね。
しかし私は不動産投資をするにあたり、どうしてもこのフレッシュなお宝情報を入手するルートを獲得したいと考えました。
そこで私は不動産投資会社に就職し、一般に出ない情報を教えてもらおうと積極的にアプローチし、不動産業界の人脈作りに励みました(笑)
当ブログでは、不動作会社に出回る前の利回りの高い不動産物件情報を提供したいと思っております。
不動産会社間で物件情報をやりとりするレインズにも掲載されない物件です。
せっかく良い物件があるのに、業者へ流れていくのが勿体無いので積極的に資産運用を挑戦される方にぜひご紹介したいです!
ご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

スポンサーリンク
不動産投資
スポンサーリンク
資産づくりFP相談室をフォローする
スポンサーリンク
おかねノマド

コメント