不動産業者しか見れないレインズの情報を個人でも見る方法

不動産投資

不動産会社が物件の売買や賃貸をする際、国土交通省の指定流通機構が運営する「レインズ(REINS)」という不動産会社のみアクセスできるインターネットシステムを利用します。

個人で見ることができれば、不動産会社に出向かずに手軽に物件探しができるのですが…

個人でもレインズを見られる方法はあるのでしょうか?

今回は自宅でもレインズを見るための方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.レインズとは?

レインズとは「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」の略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているシステムのことです。

レインズでは全国の戸建て、マンション、アパート、住宅用、事業用問わず幅広い物件の情報が掲載されており、物件を細かい地域で指定したり築年数や建物種別など詳細を設定して検索が可能です。

情報もリアルタイムで更新されているので、スーモホームズといったポータルサイトよりも早く最新の情報を得ることができます。

しかし、レインズは不動産会社同士が物件情報を共有するためのデータベースとなっており、閲覧するためには不動産会社用に発行された「ID」と「パスワード」が必要になります。

なので、残念ながら一般の人は見ることができません。

中には宅建業者からレインズのID・パスワードを教えてもらい、個人利用されている人たちもいるそうですが、利用規約違反なので気をつけましょう。

2.レインズのメリット

レインズのメリット

  • 家賃相場を調べることができる
  • 全国のリアルタイムの物件情報を検索できる
  • 物元業者と直接連絡がとれる
    ※物元業者とは売主や貸主から直接依頼された業者のことをいいます。
  • 間取り図や建物情報、設備など詳細がわかる

不動産会社は、売りたい・貸したい物件をREINSに物件登録をします。

お客さんから依頼を受けて、代理、仲介の場合も同様です。

※専任媒介契約の場合は、REINSへの登録義務有り

物件を買いたい・借りたい(お客さんから依頼を受けた代理・仲介の場合も同様)場合は、REINSから問い合わせて取引します。

最新の登録物件をリアルタイムで確認することができ、希望に合う物件を検索できるのでとても便利です。

私も不動産会社で働いていた時は、賃貸や転貸の物件探しに利用しました。

主に大阪市内のマンションを検索していましたが、今までの取引実績や間取り別の価格等が確認でき、毎日新しい物件が登場するので、面白い内容のお部屋を発見すると楽しい気分になりました。

3.レインズのデメリット

レインズのデメリット

  • 一般媒介の場合はレインズへ登録されない場合がある
  • 優良物件は登録前に売り切れる

まず、レインズへの登録が義務化されているのは、売り主・貸主と不動産業者の契約が

専任媒介」または「専属専任媒介」の場合のみです。

専任媒介契約とは、一社の不動産会社のみに仲介を依頼して買い手を探す方法です。

複数の不動産会社へ依頼する「一般媒介契約」の場合は、各不動産会社のレインズへの登録義務はありません。

つまり、一般媒介の売り物件はレインズへ登録されない場合があります。

一日も早く所有物件を売りたいと思っている場合は、専属か専属専任媒介で契約して、レインズで広く買い手を探す方が良いですね。

また売り出しされてから、レインズへ登録するのに多少のタイムラグが生じます。

登録前にSOLDOUTしてしまうような優良物件は残念ながら登場しません。

本当の優良物件は、店頭や業者間ですぐに買い手がつくので出回らないことがほとんどです。

わざわざレインズに登録しなくても、良い物件は口コミや紹介ですぐに売れるからです。

不動産業者しか見れないレインズを個人でも見たい!という人は意外にも多いようです。

  1. 業者間でしか流通していない非公開物件が知りたい
  2. 賃料相場や売却価格が適正なのか知りたい
  3. 物元業者が知りたい(直接交渉して手数料を節約したい)

主な理由としては上記のような感じでしょうか。

1.に関しては、確かにポータルサイトなどでは公開されていない物件は存在しますが、素人が知ったところで…というのが正直な感想です。

特にお宝物件・掘り出し物件を探したいなどと思っている人はあまり期待はしないほうがいいかもしれません。

先述したように、そのような優良物件は出回る前に売れてしまうことがほとんどですし、不動産会社の買取部門の人たちなどは、毎日のようにレインズに張り付いているので、そういう人たちのスピードには到底かなわないからです。

2.に関しては、レインズは過去の取引事例なども確認することができるので有効的に使えると思います。

3.に関しては、素人が交渉しようとしても業者から相手にされないことが多いので現実的ではないでしょう。

私も過去に不動産業者以外の人がレインズを見て交渉してきたのを何度か経験したことがありますが、正直かなり警戒します(笑)
やはり不動産業者を挟んでもらったほうが取引もスムーズですし、素人相手だと無用なトラブルに巻き込まれる恐れもあるので相手にしないことも多かったです。

4.レインズに代わるサイト

どうしてもレインズが見たい!

不動産会社で勤務せずに自宅からレインズを見たい!

という人は「不動産ジャパン」というサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

全国の不動産仲介会社が取り扱っている物件情報が無料で確認できます。

不動産情報全般と物件情報が掲載されています。

レインズとほぼ同じ内容なので、とても参考になりますよ。

家賃相場が知りたい時は、ぜひ試してみましょう合格

【不動産ジャパン】安心・安全な不動産取引をサポートする総合情報サイト
不動産ジャパンは物件選びからトラブル対応まで、安心・安全な不動産取引をサポートする総合情報サイトです。

 

コメント